2015年03月20日

簡単かわいい!自分に合った眉毛の描き方 〜順番編〜



image.jpg


「眉を描くといつもキツくなっちゃう・・・」

「眉マスカラ、パウダー、ペンシル、どの順番で使うのが正解なの?」


眉メイクはメイクをする上で、ベースメイクの次に大事な部分です。
眉の描き方だけで、あなたの印象は良くも悪くもガラッと変わります。


かわいい眉メイクの順番って?】

眉メイクの順番、おそらく人それぞれ違いますよね。

一般的な眉メイクの順番ですと、
@ペンシルアイブロウ⇒Aパウダーアイブロウ⇒B眉マスカラ
という流れで行う方が多いかと思います。


しかし、ナチュラルな眉にしたい方にはあまり上の順番は向きません。

なぜなら@とAの時点で眉の色が濃くなってしまう方が多くいるからです。
そのためBの眉マスカラで色を明るくしたところで、もともとの眉の色がすでに濃いので、ナチュラルな垢抜け眉にはなりにくいのです。


そこでそんな方に是非やっていただきたい、おススメな眉メイクの順番があります。
それは・・・

@眉マスカラ⇒Aペンシルアイブロウ⇒Bパウダーアイブロウ


という順番です!


この順番で行うと、@で眉の色を事前に明るくしておくことで、Aからの眉メイクが濃くなりにくいというメリットがあります。
また、パウダーアイブロウが工程の一番最後になるため、眉をもっと濃くしたい、薄くしたいといった調節がしやすくなるのです。

1点注意点を上げるとするならば、眉マスカラを塗った後、きちんと乾いてから次の工程へと進んでください。
ちゃんと乾いてないのに次の工程へ進んでしまうと、眉マスカラがよれて肌についたりして面倒なことになるので気を付けてくださいね。



さて次のページでは、簡単!自分に合った眉メイクの描き方についてご紹介します!





posted by 花かんむり at 17:30| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

まつげをしっかりキープする簡単な方法はこれ!




image.jpg


「朝ビューラーであげてきたのに、夕方にはまつげが下がってる・・」


「ちゃんとマスカラしてるのに、まつげをキープできない」



しっかりビューラーしたのに、気づいたら夕方頃にはまつげが下がってきてませんか?


特に雨の日なんかは最悪です。湿気ですぐまつげが下がってしまって、困ってしまうという女性は多いと思います。


そこで今回は、朝メイクした状態のまつげを、夜帰るまでしっかりキープする方法をご紹介します。


筆者はこの方法で、よく友人達に
「いつもまつげ綺麗に上がったままだよね!どうやってるの?」
と必ず聞かれます。


雨の日なんて、湿気なんて関係ないんです。
ちゃんとした方法で行えばまつげはしっかりキープできます!!



かわいい綺麗にメイクされた状態のまつげをキープする方法】


image.jpg



《まつげをビューラーでしっかり上げる》


まず、まつげがすぐ下がってしまうという方の多くが、ちゃんとビューラーを使いこなせていない!ということがあげられます。

「え?ちゃんと根本を引っ張ってまつげ上げてるよ?」

と、いう方。その方法だと、ずっとまつげは下がったままですよ!



雷まつげが上がらない原因はコレ!】

まず、まつげが上がらないNGな原因をいくつか上げます。

当てはまった方は、改善をお願いします。改善しないと、いつまでたってもまつげは上がらないままです。


・ビューラーのゴムを使い古していて、弾力がない

・ビューラーにマスカラや、アイシャドウなどの汚れがついている

・明らかに目の形に合っていないビューラーを使っている

・ビューラーのバネが伸びきっている

・まつげが油分や水分で濡れている

・まつげが弱々しくコシがない


以上のことに気をつけて下されば、まつげキープは絶対にできます!



かわいい正しいまつげの上げ方】


☆まつげは3段階で上げていく!

3段階とはどういうことかと言いますと、まつげを上げる箇所の段階のことです。

まつげの
@根本 A真ん中 B先端
を順番に上げていきます。


根元を挟んだら、上に引っ張るのではなく、軽く力を入れながら挟んでいきましょう。


そして根元、真ん中、先端と3ブロックに分けながら挟んで行くだけで、自然にクルンとカールされます。


このやり方で好みの高さまで上がるまで繰り返して、だいたい2〜3往復(ビューラー)する。


これだけです♪


「そんな説明の仕方じゃわからないよ!」って方。
各ブロックごとのやり方や注意点を下に書いていきます。



@根元・・・ビューラーでまつげを挟んだら、少し力を入れてそのままの角度で挟む。


まつげを上げようとして上に引っ張りたい気持ちはわかりますが、上に引っ張っても無駄にまつげが抜けるだけです。


ビューラーで挟んだら、そのままグッグッと少し力を加えるようにしてください。


ただし無理に力を入れすぎないように気をつけてください。



A真ん中・・・親指を下に傾けるように手首を動かし、2,3回ビューラーで挟む。


この時の力の入れ具合は、根元の時の半分ほどで大丈夫です!



B先端・・・手の甲が顔、手のひらが顔と反対側になるくらい手首を傾け、先端を軽く何回か挟む。


先端は1番デリケートな部分なので、力はほとんど入れずにビューラーで挟みましょう。



これをご自分の好きなカールになるまで行い、マスカラを塗って完成です。

マスカラの塗り方にもコツがあるので、その記事はまた次回載せることにします。



exclamation注意点】

ビューラーをライターなどの火であぶってからする方がいますが、まぶたの火傷の原因にもなりますのでオススメしません。

どうしてもビューラーを温めたい際は、ドライヤーを使ってみてください!

私もよくやるんですが、ちゃんと温まりますし、火傷の心配もありませんよ♪



今回ご紹介した「基本となるビューラーの上げ方」
ぜひ試してみてください♪



image.jpg



posted by 花かんむり at 12:32| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

落ちやすいリップや口紅を落ちにくくする、たった2つの裏ワザ



image.jpg




「リップや口紅って、なんでこんなに落ちやすいの?」


「食事後には必ずとれてる・・・」


「毎回こまめに塗り直すのは、正直面倒くさい!」




こう考えたことがある女性、たぶんかなり多いと思います。




この記事では、そんな落ちやすいリップや口紅を、落ちにくくしちゃう裏ワザをこっそり教えちゃいます!






かわいい落ちやすいリップや口紅を、落ちにくくする2つの裏技】






《@リップクリームを塗ったあとは、軽くティッシュオフをし、唇にパウダーをつける!》




リップクリームを、口紅などをつける前に乾燥予防として塗る方は多いですよね。


リップクリームを塗ることで、唇が保湿されますし、乾きを抑えてくれる効果がありますので、とても良いことです。




しかし、リップクリームを塗ってすぐに口紅をつけてしまっている方、ストップ!ダメですよ!!




なぜかというと、リップクリームを塗った直後の唇は、油分でいっぱい。





油分でいっぱいなところに口紅を塗ったところで、口紅のお色は油分の上をスルスル〜と滑って、唇の上にただ浮いているだけの状態なのです。





そのためグラスなどに唇をつけたとき、お色はすぐグラスの方に移ってしまい、口紅がすぐ剥がれてしまうのです。




なので今後はぜひ、リップクリームを塗った後は軽くティッシュオフをして、パウダーをサッとつけてから口紅を塗ってあげて下さい。




ここでいうパウダーは
・パウダーファンデーション
・ベビーパウダー
・仕上げ用のお粉


なんでも構いません。




できるだけ、 粒子が細かくて、サラッとした指触りのパウダーを使ってください。








《A1度口紅を塗った後ティッシュオフをし、さらにもう1度口紅を重ねる》




またまた出ました、ティッシュオフ
これにももちろん、ちゃんと理由があります。





1度目に塗った口紅の、余分な油分や色味をティッシュでとってから塗り直すことで、口紅の発色・モチがとても良くなります。




これは、1度ティッシュオフをすることで、口紅のお色がより唇に定着してくれるからです。






【ここで注意!】


☆2回目に口紅を塗るときは濃くなりすぎないように、何度か鏡から離れながら、確認しつつ塗っていってください。






口紅の発色が1度目で納得の方も、1度ティッシュオフをしてからグロスをつけた方が、モチはぐーんと上がりますよ!






いかがでしたでしょうか?


とても簡単なこの2つの方法を行うだけで、口紅やリップのモチは格段に変わってきます。




【食事後のお化粧直しの時も】
この方法を使うことでその後のリップのモチを良くし、面倒な塗り直しを減らすことができます。




よろしければ、ぜひ1度やってみてくださいね!


image.jpg

posted by 花かんむり at 20:12| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。